Gitのローカルリポジトリを作成するには以下の二つの方法があります。
1. ディレクトリでリポジトリを作成(git init)
2. 共有リポジトリを複製する(git clone)

実際にローカルリポジトリを作成してみます。

ディレクトリでリポジトリ作成

  1. Gitで管理したいディレクトリを右クリックし、Git Bash Hereを選択してGit Bashを起動

local_repo1

  1. Git Bashでgit initを実行
$ git init
Initialized empty Git repository in C:/gittest/sample/.git/

すると、空のローカルリポジトリとして.gitディレクトリが作成されます。

.gitディレクトリにはリポジトリデータ、設定ファイルなどが入っています。

ローカルリポジトリの作成は、ディレクトリが空の場合でも、すでにファイルが存在する場合でも関係なく実行できます。 なので、開発しているプロジェクトを途中からGitで管理することが可能です。

共有リポジトリを複製

ローカルにある共有リポジトリを複製してみます。

  • 共有リポジトリのパス:c:/share/test.git
  • 複製するディレクトリのパス:c:/gittest

    # Git Bash起動し複製するディレクトリに移動
    $ cd c:/gittest
    $ git clone c:/share/test.git
    Cloning into 'test'...
    done.
    $ ls
    test/
    

testディレクトリができました。

サーバーにある共有リポジトリの複製についてはまた後日やってみたいと思います。