Gitで管理しているファイルを管理から外して削除したり、ファイル名を変更したい場合があります。

Git Bashのrmmvを実行してからでもできるのですが、gitに専用のコマンドが用意されています。

両方試してみましょう。

  1. 最初にrmやmvを実行する
  2. git rmまたはgit mvを実行する

リポジトリにファイル用意

a.txt
b.txt

最初にrmやmv実行

aを削除、bをファイル名変更します。

$ rm a.txt
$ mv b.txt c.txt
$ git status -s
 D a.txt
 D b.txt
?? c.txt

a.txtとb.txtが削除ファイル、c.txtが未追跡ファイルとなりました。インデックスには登録されていませんのでgit addgit commitします。

$ git add .
$ git status -s
D  a.txt
R  b.txt -> c.txt
$ git commit -m "remove a.txt , rename b.txt "

git addすることによりa.txtが削除ファイル、b.txtがファイル名変更として認識されました。

git rmまたはgit mv

aを削除、bをファイル名変更します。

$ git rm a.txt
$ git mv b.txt c.txt
$ git status -s
D  a.txt
R  b.txt -> c.txt
$ git commit -m "remove a.txt , rename b.txt "

git addなしでインデックスに登録され、a.txtが削除ファイル、b.txtがファイル名変更として認識されました。

まとめ

  • git rm = rm + git add
  • git mv = mv + git add
    です。
    断然左が楽ですね。
    ファイル削除、またはファイル名変更の場合はgit rmgit mvを実行しましょう。