Gitの設定ファイルには多くの設定があるが、設定ファイルの種類やよく使うコマンドについてまとめてみた。

設定ファイルの種類

設定ファイルは以下の三つがあり、上から順に優先順位が高い。

ファイルパス 対象 使用するオプション
.git/config リポジトリごと --local または指定なし
~/.gitconfig ユーザーごと --global
/etc/gitconfig
/usr/local/etc/gitconfig
など(※1)
システム全体 --system

(※1)私のPCのWindows7ではC:\Program Files\Git\mingw64/etc/gitconfigにある

設定の一覧を表示

$ git config (--system|--global|--local) -l

現在有効な設定を表示

$ git config -l

リポジトリ設定、ユーザー設定、システム設定をあわせて表示される

設定値がどのファイルで設定されているかを表示

$ git config (--system|--global|--local) --show-origin -l

設定ファイルをエディタで編集

$ git config (--system|--global|--local) -e(--edit)

設定(置き換え)

$ git config (--system|--global|--local) 設定名 設定値
# 設定が複数ある場合のすべて置き換え
$ git config (--system|--global|--local) --replace-all 設定名 設定値

設定の追加

$ git config (--system|--global|--local) --add 設定名 設定値

設定の削除

$ git config (--system|--global|--local) --unset 設定名
# 設定が複数ある場合の1つを削除
$ git config (--system|--global|--local) --unset 設定名 設定値
# 設定が複数ある場合のすべてを削除
$ git config (--system|--global|--local) --unset-all 設定名

よく使う設定一覧

よく使う設定名と設定する内容を表にした。随時追加する予定。

設定名 設定値
user.name ユーザー名を指定
user.email メールアドレスを指定